忍者ブログ

ムーヴカスタム整備記録ブログ

ムーヴカスタム(GF-L900S)の整備記録を付けていきます。

ムーヴのエンジンルーム内にボルトを落とした。Ver1.00

 ひどく寒いある日、ムーヴのエンジンルーム内をいじっていたら、指が震えて中にボルトを落としてしまった。ボルトは頭の部分の直径が1.5cmぐらいのものである。

 どうやら、かなり奥の狭い隙間にでもホール・イン・ワンしてしまったらしい。長い時間をかけてエンジンルーム内をくまなく探しても見つけることができなかった。エンジンルームを通り抜けて落下している可能性も考え、車の下を覗いてみたが、徒労に終わった。

 捜索を諦めて運転席のシートに体をあずけ、缶コーヒーを飲みながらしばし休憩。

 落下した場所はベルトの駆動部近くではなかったはずだ。恐る恐る車のエンジンをかけてみる。異音などはなく、いつもと同じエンジン音がして少し安堵する。

 エアコンをオンにすると車内がだんだん暖かくなってきた。寒さによる緊張が解け、どうしたものかとゆっくり考えると、だんだん不安な気持ちになってきた。

 走行中の振動でボルトが動いてなんらかの悪さをしないとも限らない。それに、なんだか気分もスッキリしない。

 悩んだ末、カーショップへ行って見てもらうことに決めた。走行中に何か問題が起こらないか心配しながら車を走らせた。

 カーショップに到着。依頼する内容が内容だけにちょっと気が引けたので、店内をぶらっとして少額のカーグッズを手に取ってレジへ向かう。精算のついでを装って作業をしてもらえるかどうか聞いてみた。

「そういった作業は、基本的にできかねるのですが……」と店員があっさり言う。レジにはめずらしい、男性の店員であった。

 そういうものなのかと思いながらも、なにか釈然としない気分で次の言葉を発せずにいたら、

「わたしでよければ見ますけど……」と店員が浮かない顔をして言葉を継ぎ足す。なんだかちょっと迷惑そうな雰囲気である。

 私は少し逡巡して、

「では、お願いします……」と答えた。

 足取りの重そうな店員を伴って車へ。ボンネットを開けてエンジンルームを見せると、店員がポケットから何かを取り出した。伸縮できる小さな竿の先端にマグネットを付けたような道具である。小型ラジオに付いているアンテナにも似ている。これは「ピッキング(ピックアップ)・ツール」というものらしい。後にネットで調べて知った。

 あまりやる気のなさそうな態度の店員が、この道具を使ってエンジンルーム内の死角部分を何度も探る。

 マグネットにボルトがくっつく様子はない。私は何だか申し訳ない気分になってきた。

 3分ほど経ったところで「すいません。もういいです。ありがとうございました」と店員に告げた。

 本格的な作業を断られた時点で、あまり期待はしていなかったが、やはりボルトは見つからなかった。

 最後に店員と少し話をした。次回オイル交換などの作業をするついでに車体の下側から探してもらってはどうか、という助言をいただいた。バンパーを外して見てもらえないかと聞いてみたら、3千円ほど料金がかかるとのことだった。それだけ支払っても必ず見つかる保証はないので却下。やっと諦めがついたので家路に就いた。

 帰宅してから色々と考えてみた。今もエンジンルーム内のどこかにあるボルトの存在は、時間の経過が忘れさせてくれるだろう。そんなことより、同じ過ちを繰り返さない事が大切である。

 そう結論に達し、これらのカーグッズを購入した。マグネットのトレー(皿)とピックアップツールだ。

 右で紹介しているのは、今回私が購入した製品の「類似品」である。購入する場合は、製品の大きさや性能などをあらかじめ確認して頂きたい。

 マグネット・トレーは、金属製のお皿の底に強力なマグネットがついているので、エンジンルームの端などの金属部分にがっちりと固定して使用できる便利な製品。底がマグネットなので、ボルトなどの金属パーツを入れれば、こぼれ落ちることもない。

 マグネット・ピッキング・ツールは、前述したカーショップの店員が持っていたもので、自動車用というよりは自作PC用などとして売られているもののようだ。PCケースの奥などに小さなネジを落とした時、これで拾うわけである。ただし、磁石の力がかなり強いので、HDDに近づけるのは危険かもしれないと感じた。

 これらのタイプ以外に、竿の部分を自由に湾曲させられるもの(左画像)もある。こちらは、より入り組んだ場所に使用できるが、アンテナ形のものに比べてコンパクトに収納しておくことができない。

 ちなみに、磁石で硬貨をくっつけて拾うことはできない。硬貨は、磁石に引き付けられないアルミや銅などの金属で出来ているからである。当たり前だろ、と言われてしまいそうだが、念のために付言しておく。

 今回は、アンテナ型のマグネット・ピッキング・ツールを100円ショップで購入した。早速、エンジンルーム内で使ってみたら、マグネットが目標物に到達するまでに別の金属部分に何度もくっついてしまった。

 この問題に対応した類似製品(右画像)も存在するので気になる人はそちらも検討した方がいいだろう。マグネット部分の側面を覆って磁石の引きつける力を一方向に制限する機能を持った製品のことである。エンジンルーム内は鉄の部分が多いので、この機能が付いたものの方が実用的だと思う。

 ピッキング・ツールを持っていても、どこにボルトがあるか分からなければ意味がない。したがって、今回は役に立ちそうにない。だが、将来また何かのパーツをエンジンルームに落とした時、落とした場所が分かれば、役に立ってくれだろう。今回は運が悪すぎたのだ。

 カーショップの店員には手間をとらせてしまった。でも、少額ではあるが買い物をしたし、そんなに長い時間付き合わせたわけでもない。問題はないだろう。

 でも――消失したボルト、いつか発見されるといいなぁ……。

 おまけ動画

 上の文中で紹介している商品と下の動画中で紹介している商品の性能は一致しませんのでご注意下さい。

 100円ショップの製品でありながら、磁石はかなり強力である。

 【注意】音(BGM)が出ます!

 ボルトがぴったりとくっついてこぼれ落ちない。

 この記事は2011年(1月頃)に公開され、その後改訂を重ねて現在に至ります。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

ブログランキング


↑1クリックお願いします^^

ムーブカスタム紹介

ムーヴカスタム(GF-L900S)の画像

型式:GF-L900S
エンジン型式:EF-DET型エンジン
総排気量:659cc
トランスミッション:AT

必ずお読み下さい

当ブログ内の記事を参考にする前に以下の「免責事項」をクリックして表示されるページを必ず読んで下さい。

[免責事項]

楽天でお買い物



ムーヴ(L900S)の中古パーツ購入

スポンサードリンク

アクセスカウンター

自動車ニュース

管理人にメールする

こちらからお願いします^^