忍者ブログ

ムーヴカスタム整備記録ブログ

ムーヴカスタム(GF-L900S)の整備記録を付けていきます。

ムーヴを車検して(もらって)みた。Ver0.98

 はじめに

 某全国チェーン店の1日車検コースにムーブカスタムをだしてみた記録です。流行の(?)ユーザー車検ではありません。普通の車検です。たいした記録ではありませんが、自分のための備忘録としてまとめてみました。

 車検に出す車は軽自動車・ムーヴ・カスタム(ターボで22,000キロ走行)。ネットで調べると下記4点が必要だと分かった。

 車検に必要なもの

  1. 自動車検査証(いわゆる車検証)
  2. 自動車損害賠償保険証明書(いわゆる自賠責保険証)
  3. 自動車納税証明書(軽自動車の場合は、「軽自動車税納税証明書」)
  4. 印鑑 (ハンコ)※

 ※今回の車検手続きでは必要ありませんでした。(でも一応用意したほうがいいでしょう)

 尚、①と②は必ず車に備え付けておかなければならないものです(ダッシュボードの中など)。

 車検前にチェックしておくべき消耗品

  1. ワイパーのゴム
  2. 発炎筒

 これらのパーツに問題があると、車検時に整備士から交換するように言われて煩わしいので、私は毎回車検前にチェックして必要があれば交換しています。発炎筒は使用期限があるので特に注意が必要です。価格の安い場所で前もって買って交換しておいたほうが費用も安くなると思います。

 発炎筒には大小2種類のサイズの製品があり、自分の自動車に合わないサイズのものを購入してしまうと、助手席の足下のホルダーへ正常にセットできないので注意が必要です。発炎筒の筒のサイズ(径)は、大が32φで小が27φになっています。このサイズは助手席のホルダーに差し込む部分の径(mm)です。自動車用発炎筒の大手である(?)国際化工株式会社製のサンフレヤーという発炎筒(サイズ大)などは、使用時に手で握る部分がホルダーに差し込む部分よりも少し太くなっているので、外径が37φと商品説明などに記載されていると思います。なお、私のムーヴカスタムのホルダーに合致するのは、サイズ小(27φ)の発炎筒でした。

 発炎筒の代わりに、電池でLEDを発光・点滅させる非常信号灯という製品(左)もあります。この製品ならば、故障しない限り、電池(単4×2本)を交換して、いつまでも使用できます。ただし、発炎筒と比較して、昼間の視認性や電池の消耗・液漏れや車検時の問題(「車検対応」と製品パッケージには明記されていますが)などがありますので、そのあたりを考慮した上、自己責任でご使用下さい。点灯・点滅するかどうかも定期的に確認が必要です。

 車検3日前

 車のダッシュボードの中をゴソゴソやって書類を確認した。

 自動車納税証明書(3)がない……。

 自動車納税証明書(3)は納税した後、郵送されてくるものなので親が管理していた。後に回収した。

 必要なものを全て確認できたので、自宅からそんなに遠くない車検チェーン店さんに電話をかけた。営業時間外にもかかわらず電話に出たので、車検をお願いしたいと伝えた。予約がいっぱい埋まっているような気がしてたのだが、3日後の土曜日の午前10時に予約が可能だという。こんなもんなのか。

 車検当日

 車がとても汚い。もう時間もないので洗車(500円追加(´Д`;))もしてもらればいいかと思いながら出発。10時に到着すると、車検待ちと思われる他の人の車が沢山あって混雑していた。

 受付の女性から基本料金についての説明を受けた。基本料金からいろいろ割引され5万5千円程になるという。無事故割引(千円)の存在を知った時はうれしかった。

 しかし、これに交換費用(エンジンオイル、オイルエレメント、ブレーキオイル・クーラント)が加わって。最終的に6万8千円程に……。ディーラーの車検と変わらなくなってきた。

 ディーラーの車検ではいろいろな交換もセットで7万5千円程の案内が来ていた。どうなんだろうか。ディーラー車検のほうが無難だったか?

 引き取り予定時間は午後4時30分だという。代車をもらって帰った。

 家に帰って再考してみた

 交換作業は他で安くあげるべきだったか、と思い、ネットで調べてみる。オートバックスでは、エンジンオイル交換・オイルエレメント(フィルター)交換(工賃)各500円、クーラント交換2千円、オイル会員はエンジンオイル、オイルエレメント交換無料とか書いてある。^^;

 車検をなるべく安く通したい人は、安い車検屋さんで車検のみ行い、オイルなどの交換はオートバックスとかでやるのだろう。やはり経験しないとわからないものだ。

 車は、ずぼらな人間から金を吸い取るものだと改めて痛感。いい勉強になった。車のお手入れの本でも買って勉強しよう、と心に決めたのでありました。車の説明書もちゃんと読もう。^^;

 ATFとパワステオイルの交換も必要な気がするのだが、それはあとで考えよう。

 午後2時40分ごろ携帯に作業完了との連絡があった。いろいろやることがあり、車を引き取りに行くのが遅れてしまった。結局4時20分頃整備工場に到着。代車から降り車検が完了した自分の車を見た。

 ん!?ちょっと車に汚れが!いや、近くに寄ってみたら、かなり目立つぞ!

 まあホコリまみれで車検に出したのだから文句もいえんか……。

 水をぶっかけて拭き取っただけのような感じだった^^;

 ちょっとがっかりしたがまあいいや。(いいのか!?)

 結局、印鑑使わなかったんだけどいいのかな?(´Д`;)

 最後に「後日車検のシールが郵送されてくるので、ガラスに貼ってくれ」と言われました。車のフロントガラスには、車検の臨時ステッカーが内側から貼られていた。

 車検1週間後

 新しい「車検証」と「ステッカー」が郵送されて来た。車検証は、車検証入に入れて車内に保管。ステッカーは、フロントガラス上部中央の視界を妨げないところ(ルームミラーの後ろ)に内側から貼付した。車検整備時からフロントガラスに貼ってあった臨時ステッカーは破がして捨てた。

 以上で無事(?)車検終了!

 おまけ

 6ヶ月点検や法定12ヶ月点検が後にやってくるが、これらは行わなくても法的に罰則があるわけではない。もちろん12ヶ月点検は法によって定められたもので、安全の為にも行っておくべきなのだが……。

 ユーザー車検にひそかに憧れているのですが、流れ作業で順番に自動車の検査をしていくようなので、後ろの順番の人がアレだと、罵倒されたり無言の圧力を顔でされたりしたら怖いので、まだ一度もやったことがありません(苦笑)。

 感想

 どうなんでしょうか。いろいろ総合的に考えると微妙でした^^;(なにが?)

 この記事は2004年(4月頃)に公開され、その後改訂を重ねて現在に至ります。

 →オイル交換の記事も読む。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

ブログランキング


↑1クリックお願いします^^

ムーブカスタム紹介

ムーヴカスタム(GF-L900S)の画像

型式:GF-L900S
エンジン型式:EF-DET型エンジン
総排気量:659cc
トランスミッション:AT

必ずお読み下さい

当ブログ内の記事を参考にする前に以下の「免責事項」をクリックして表示されるページを必ず読んで下さい。

[免責事項]

楽天でお買い物



ムーヴ(L900S)の中古パーツ購入

スポンサードリンク

アクセスカウンター

自動車ニュース

管理人にメールする

こちらからお願いします^^